レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠はレム睡眠・ノンレム睡眠という性質の違う2つの睡眠で構成されています。

ノンレム睡眠とは脳の眠りです。起きているときと比べると身体の筋肉もある程度休んではいますが完全に弛緩することはありません。それよりも脳みそを積極的に休ませて疲労から回復させることを目的とした眠りで、高等な動物ほど発達しています。眠りの深さ・脳の休息度に合わせて4段階に分けられます。

レム睡眠は身体の眠りです。全身の筋肉の緊張が弛緩した状態ですが脳は動いているため夢を見ますし、目も活動を続けているため眼球がきょろきょろと動いているのが分かります。

眠りの中で私たちはこの2種類の眠りを交互に行なっているのです。成人の場合は大体90分周期で一晩に4回から5回、2つの眠りを繰り返すと言われています。

レム睡眠状態で目覚めると、脳は起きていて目覚めの準備もできていることから気分がすっきりします。実際に規則正しい生活をしている人なら、起床時間が近づくにつれて自然にレム睡眠に移行していくよう身体のリズムが整ってきます。
90分周期というのはあくまで平均値であり人によって個人差はあるものの90分の倍数の睡眠時間にすると目覚めがすっきりしやすいです。

睡眠不足とならないために必要なのはノンレム睡眠です。脳を休ませる時間がないと身体のトラブルにも影響します。免疫力が低下したり感染症にかかりやすくなったり、血糖値や血圧が上がったりといった症状が起こります。

レム睡眠とノンレム睡眠という2つの違った眠りをバランスよく繰り返すこと、ノンレム睡眠のときにより深い段階の脳の眠りを実現することが良質な眠りと言えるのです。
仕事が忙しかったりでなかなかまとまった時間が取れず睡眠不足に悩まされている、という方も90分×3クール、4.5時間は最低でも睡眠時間を確保することが必要です。それ以下の場合、死亡率が極端に高くなっているのは研究結果としてすでに知られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です