身長を伸ばすのに欠かせない睡眠

身長を伸ばす方法というものには様々なものがありますが、その中でも睡眠は最も大切な要素と言っていいでしょう。
古来から言われる「寝る子は育つ」という言葉はまさにその通りで、身長を伸ばすのに必要な栄養素や食品は数多ありますが、睡眠こそが身長を伸ばす最大のキーとなるのは間違いありません。
ただ、現代の子供は大人に負けず劣らず忙しい生活を送りがちです。部活動に学習塾、その他習い事と学校以外でもこなさなければならないことも多く、夜もついスマートフォンなどをいじってしまい眠るのが遅くなる、というのはよく聞く話です。
しかし、背が伸びる期間は限られています。なんとか時間をやりくりして睡眠時間は確保しなければなりません。そこで、睡眠がなぜ身長を伸ばす方法として大事なのか、どんな睡眠を取れば身長が伸びやすいのかを解説します。
まずなぜ寝ることが身長を伸ばすことに繋がるのか。それは、成長ホルモンの分泌が眠っているときに最も多くなるからです。成長ホルモンは骨や身体を作ることを促します。寝ている間に身体が作られていくというわけです。
ただし、ここで大事なのはただ長く眠ることではありません。深く熟睡して、初めて成長ホルモンの分泌が活発となるのです。身長を伸ばす方法としては、しっかりと熟睡しなければその効果は半減してしまいます。
そして、しっかりと熟睡するためには環境と生活リズムを寝る前から整えることが必要となります。その中でも最も大切なのは、脳を休む状態に徐々に持っていくこと。眠る前に脳に刺激を与えるようなことはすべきではありません。スマートフォンやテレビ、パソコンの画面を見て光による刺激を与えたり、メッセージやメールのやり取りをするようなもので脳に刺激を与えたりすることは控えるようにしましょう。
また、食事は眠る2時間くらい前までに、入浴は1時間くらい前までに済ませることも大事です。また、夜まとめて深く眠るために、昼寝は30分くらいまでにしておくのも大事なことと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です